トラブル例から学ぶゴミ回収の悪徳業者

トラブル例から学ぶゴミ回収の悪徳業者 不要になった家具や家電を処分するのは、非常に面倒です。
そんな時に便利なのがゴミ回収業者ですが、中には悪徳業者も存在します。
トラブルの例としては、以下のような物があります。
一つ目は、「無料だと言っていたのに、後から有料だと言われた」。
「トラックで巡回しながら『無料でゴミ回収いたします』とアナウンスしていたので、呼び止めてテレビの回収を依頼した」「実際に家まで来てもらうと『2,000円かかる』と言いだした」「威圧的な態度だったので、断れなかった」というケースです。
二つ目は、「実際の料金が見積もりの倍だった」。
「見積もりをしてもらったら、10万円ほどと言われた」「納得いく金額だったので依頼したら、『思ったより量が多かった』という理由で20万円を請求された」というケースです。
三つ目は、「回収してもらった物が、不法投棄されていた」。
料金を払って引き取ってもらったのに、家の近くに捨てられていたというケースです。

ゴミ回収の業者の仕事

ゴミ回収の業者の仕事 街を歩いていると、よくゴミ回収業者のトラックを見かけます。
しかし、ゴミ回収業者の実際の仕事内容については、あまり知られていません。
基本的には、会社が貸し出しているトラックに乗って、それぞれの受け持ちの地域を回ります。
引っ越しなどで要らなくなった物を、引き取って持ち帰ります。
ただ、何でも持って帰ればよいというわけではなく、「売れる物」であることが条件です。
それらを持って帰ると、会社から給料が貰えます。
そして、基本的に給料は「完全歩合制」となっています。
会社は、回収してきた物を一つずつチェックして値段を付けて行き、それに応じた額を支払います。
つまり、朝から夕方までトラックで巡回しても、売れる物が回収できなければ、その日の給料は0円ということです。
さらに、ガソリン代などは自腹なので、マイナスということすらあります。
ただし、稼ぐ人は月に80万円くらい行きますし、自分のペースでできるので、向いている人にはおすすめといえます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>